コラム

倉庫管理とは?5つの改善ポイントを解説

倉庫管理業務の改善にはどのようなポイントを押さえて実施するのが良いのでしょうか。
今回は、倉庫管理の改善ポイントやDXの推進方法をご紹介します。

目次

  1. 倉庫管理とは?
  2. 倉庫管理業務を改善する5つのポイント
  3. 倉庫管理はDXで変わる
  4. まとめ

倉庫管理の業務効率化やDXを推進することは、物流に携わる多くの事業者にとってトレンドとなっています。倉庫管理業務の改善にはどのようなポイントを押さえて実施するのが良いのでしょうか。今回は、倉庫管理の改善ポイントやDXの推進方法をご紹介します。

倉庫管理とは?

倉庫管理とは、倉庫作業を効率化するために管理を行うことを指します。大きく「入出庫管理」と「在庫管理」の2つに分かれます。入出庫管理は、倉庫に搬入された原料や商品の荷卸から伝票照合、検品、仕分けの入庫とピッキングから検品、梱包、伝票照合という出庫までの工程管理を指します。在庫管理は、倉庫内にある商品の在庫の増減をコントロールする工程管理です。

商品の保管場所と在庫数を管理し、誤出荷や出荷時間の遅延などのミス防止するため、またサービスの品質を保つために倉庫管理を行います。

近年の物流業界における物流量増加や人手不足、リードタイム削減など、多くの課題を抱えている背景に倉庫管理の業務効率化は欠かせません。

倉庫管理業務を改善する5つのポイント

倉庫管理業務は業務効率化を図るためには、現状課題を洗い出し、各課題の改善策を講じることが有効です。ここでは5つのポイントをご紹介します。

1.5Sの徹底による整理整頓
倉庫管理のはじまりは、整理整頓といえます。製造現場において職場環境改善のために定着している「5S」は倉庫内でも有効であり、ほとんどの倉庫に取り入れられています。5Sとは、「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「躾」の5つの言葉それぞれをローマ字に直したときの頭文字をとったものです。5Sを徹底することにより、入出庫や在庫管理の全体の効率が上がります。

2.ピッキング作業の効率化
ピッキング作業の効率を上げることがスムーズな出庫につながります。商品の保管場所の見直しや適切なピッキング方法の選択、作業動線の最適化などを通じて倉庫内における作業者のピッキング作業を効率化します。

3.業務マニュアルによる業務の標準化
業務マニュアルを作り、業務の標準化を目指すのも一案です。マニュアルによる標準化とは、誰もがそのマニュアルを見て作業すれば一律の作業効率が見込めるようにすることです。これにより入出庫スピードの均一化、品質の統一化を図ることができます。

4.マテハン機器の導入
マテハン機器とは、マテリアルハンドリングを行える機械のことです。マテリアルハンドリングとはモノを移動させる作業全般を指し、物流システムを効率化する機械やシステムのことを指します。

倉庫内では仕分け作業のためのカメラやバーコードで自動仕分けをするハンディターミナル、ピッキング作業の際に使用するデジタルピッキング機器などがあります。これらのマテハン機器を活用することによって、倉庫内作業を機械化・自動化し、作業の手間を省き、ミスの軽減につなげます。

5.在庫管理システムによる適切な在庫数の維持
在庫管理システム(WMS/Warehouse Management System)とは、入荷から出荷までの在庫数の一元管理ができるシステムです。リアルタイムで場所や在庫数が確認できるため、在庫管理の手間が大幅に減少します。
在庫数の維持も倉庫管理には重要ですが、在庫管理システムがあれば在庫が常に見えるため、適切な在庫量を維持することができます。

関連情報:
フルフィルメントサービスとは?
フルフィルメントサービス一覧

倉庫管理はDXで変わる

倉庫管理の改善策を考える際には、近年推進されているDXに取り組むのも有益です。

DXとは、データやデジタル技術などのテクノロジーを活用して、業務プロセス、サービス、事業、経営などを変革することを指します。入出庫、在庫管理のシステム化や機械化はDXにつながります。倉庫管理DXの第一歩は、先ほどご紹介しましたマテハン機器の導入による自動化や在庫管理システムの導入が挙げられます。

これらを導入し、DXを進めていくことで、人員の大幅削減や長時間労働の防止、業務負荷の削減、人的ミスの軽減の実現が見込めます。

まとめ

これまでご紹介しましたように、倉庫管理はさまざまな方法で改善することができます。

イー・ロジットでは、「物流代行」サービスをご提供しており、在庫管理、ピッキング、梱包、発送代行をワンストップでご依頼いただけます。

また弊社では、完全内製化しているWMSの提供が可能でございます。お客様がご利用になられている上位システムとAPI、そして弊社オリジナルのWMSで自動連携を組むことにより、作業負荷を軽減いただけます。
倉庫管理の効率化やDXをご検討の方は、ぜひお気軽にご相談ください。

本コラムに関連するサービス

ECフルフィルメントセンター

ECフルフィルメントセンター

全国にある弊社通販専用のフルフィルメントセンターですべての物流業務の対応が可能。より事業のコア業務への集中とエンドユーザーの満足度向上に貢献します。

WMS/システム自動連携

WMS/システム自動連携

これまで数多くの顧客のEC物流支援を行ってきたノウハウを元に自社システムエンジニアがシステムを完全内製で構築しており、上位システムとの連携を含めたWMSを提供します。WMSは入庫から出荷までの物流業務を見える化し、商品の動きや物流業務の状況を最適化することにより、より強固な物流体制を構築することができます。

関連記事

Translate »