NEWS

物流ニュース

三菱ふそうトラック・バス/太平興業株式会社 長岡支店を移転

物流不動産・施設 2023.06.17
太平興業株式会社 長岡支店を移転

 

  • 最新設備の導入と作業動線の最適化で作業効率を向上
  • オフィスレイアウトを工夫し、従業員の業務環境改善とお客様にとっての快適さを追求
  • EVトラック向け急速充電設備を導入し商用車の電動化に対応

 

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:カール・デッペン、以下MFTBC)の特約販売会社である太平興業株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:平岡裕、以下「太平興業」)は、長岡支店(新潟県長岡市)を移転し、2023年1月23日(月曜日)より新店舗での営業を開始します。

太平興業は新潟、秋田、山形3県に15拠点を構えるMFTBCの特約販売会社です。このたび、新潟県の長岡支店を、長岡市下々条から同市福道町字本所へ移転します。

新支店は約1万8千平方メートルの敷地に、計14ストール(うち検査場1、洗車場1)の整備能力を有し、太平興業の拠点では新潟支店に次ぐ規模となりました。各種最新鋭設備の導入に加え、部品庫を整備エリアの中央部に配置することで、各ストールとの間の動線を最適化しました。また、エアホースリールやオイルホースリールなど、通常天井を経由する配管類を、ストール脇の作業台下の床下に配置することで、天井クレーンの可動域を拡大し、作業性と視認性を向上しました。

また、同支店には電気自動車(EV)向け急速充電設備を設置予定で、MFTBCの電気小型トラック「eCanter」をはじめとする商用車の電動化に備えます。オフィスエリアについても、お客様、執務・従業員、保管庫と3エリアに区分することで、従業員の作業効率とお客様の快適さを追求しました。

「リニューアルを行った長岡支店では、最新鋭の設備導入とレイアウトの見直しを図ることにより一段と優れたメンテナンスサービスの提供が可能となりました。オフィスも効率性とお客様目線の重視に努め、よりいっそう地域の皆様にご満足頂けるサービスを提供していきます」

(太平興業代表取締役社長:平岡裕)

 

長岡支店の外観

 

【長岡支店の概要】

名称 太平興業株式会社 長岡支店
所在地 新潟県長岡市福道町字本所2895-6
電話番号 0258-89-7173(代表)
営業時間 8:30-17:30
休日 土曜、日曜、祝日、年末年始および夏季休暇
整備能力 計14ストール(整備12、洗車1、検査1)

 

 

三菱ふそうトラック・バス株式会社について

三菱ふそうトラック・バス株式会社(MFTBC)は、ダイムラートラック社が89.29%、三菱グループ各社が10.71%の株式を保有し、川崎市に本社を置く商用車メーカーです。90年以上の歴史を持つFUSOブランドの、小型、中型、大型トラックやバス、産業用エンジンを含む製品を世界170以上の市場向けに開発・製造・販売しています。2017年、初の量産型電気小型トラック「eCanter」を市場に導入し、2019年には、日本の商用車市場のベンチマークとなる、SAEレベル2相当の高度運転支援技術を搭載した大型トラック「スーパーグレート」を商用車メーカーとして初めて日本に導入しました。MFTBCは、ダイムラー・インディア・コマーシャル・ビークルズ社(DICV)とともにダイムラー・トラック・アジアの一員として、製品開発、部品調達、生産などの分野で協力し、お客様に最高の価値を提供しています。

Translate »