NEWS

物流ニュース

オークファン/子会社のSynaBizが埼玉県・三芳町に物流倉庫を新設

物流不動産・施設 2023.06.17

埼玉県・三芳町に物流倉庫を新設! 1.5倍増床で返品商品の買い取りを強化、再流通に貢献

株式会社SynaBiz(本社:東京都品川区、代表取締役:武永 修一、株式会社オークファン100%子会社。以下「SynaBiz」)では、2023年1月より従来保有していた埼玉県三芳町の物流倉庫に加え、新たな倉庫を稼働させたことをお知らせします。
  • 倉庫増設の背景

新たに稼働した2つ目となる物流倉庫は206坪あり、これまでの倉庫と合わせると612坪、敷地面積2,300㎡分の使用が可能になりました。

今回の倉庫増設は商品調達の強化を目的としており、ワケあり商品(返品在庫や滞留在庫等)を競り落とせるサイト「NETSEAオークション」内で取り扱う商品の保管に利用します。メーカー企業が抱えるワケあり商品の買い取りによる調達をより活発に行うことで、サービス内での取り扱い商品の多様化を目指します。

そして、本来廃棄や放置されるはずだったワケあり商品をより再流通させることで、国内の廃棄ロス削減に貢献してまいります。

【新倉庫について】

住所 埼玉県入間郡三芳町北永井483-7
坪数 206坪
敷地面積 960㎡

 

  • NETSEAオークションについて

NETSEAオークションは業者間で出回っていないワケあり商品を落札手数料なしで公正・公平に競り落とせる会員制のオークションサイトです。
家電を中心にカメラやPC、ゲームなど幅広く取り扱っており、個人事業主や中小小売店、リサイクルショップ等のバイヤーの方々にご利用いただいております。

URL:https://b2b.revalue.jp/
※商品の閲覧、落札には会員登録が必要です。

■オークファングループについて
近年における国内のBtoB卸売市場は300兆円*1規模と推定されており、非常に大きな市場に関わらず古い取引形態が残っています。また、SDGs*2に始まり、世界中で廃棄ロス問題が大きくクローズアップされおり、廃棄ロスは国内でも年間約 22 兆円規模に達すると試算しております。
この課題に対して、オークファングループは「RE-INFRA COMPANY」をコーポレートアイデンティティとし、卸売市場における唯一無二の再流通インフラの構築・廃棄ロスの削減に取り組んでおります。

事業においては、創業来培った売買データにより、価格と販路を最適化する「aucfan.com(オークファン)」、小売・流通業向けのプラットフォーム「NETSEA(ネッシー)」「NETSEAオークション」をSMB(中小企業・個人事業主)に向け展開しております。

オークファングループは、BtoB卸売市場・リバースロジスティクス(返品物流)市場のリーディングカンパニーを目指し、事業展開をしてまいります。

*1 経済産業省2021年7月30日発表 電子商取引に関する市場調査より推察
*2 Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)2015年に国連で採択された2030年までに達成すべき目標

 

オークファングループの事業構想オークファングループの事業構想

SynaBiz概要
会社名: 株式会社SynaBiz
代表者: 代表取締役 武永 修一
設立 : 2007年6月
資本金: 2,500万円 ※株式会社オークファン(東証グロース上場)100%出資
所在地: 〒141-0021 東京都品川区上大崎2-13-30 oak meguro3階
コーポレートサイト https://synabiz.co.jp/

Translate »