NEWS

物流ニュース

Azoop/トラッカーズマーケットに「独自の審査基準をもったファイナンスリース」を設定

物流システム 2023.06.17

トラッカーズマーケットに「独自の審査基準をもったファイナンスリース」を設定。併せてリース支払いシミュレーション機能の追加と月額リース料金の表示オープン化を実現

他社でリースの審査落ちした企業においても審査基準をクリアできる可能性が!

はたらくクルマ(商用車)販売に特化した中古車ECプラットフォーム「トラッカーズマーケット」(https://market.trck.jp/)を運営する株式会社Azoop(アズープ、本社:東京都世田谷区、代表取締役:朴 貴頌、以下:Azoop)は、「トラッカーズマーケット」に新たに「独自の審査基準をもったファイナンスリース」を設定すると共に、サイト内の中古車両価格に月額リース料金を併記し、より分かりやすいUI /UX の提供を開始することをお知らせいたします。
  • 【 独自の審査基準をもったファイナンスリースとは? 】

「トラッカーズマーケット」は、累計で12,000台(8/5現在)の掲載実績を有し、現在の掲載台数は順調に増加し5,500台(8/5現在)を誇ります。

掲載台数は直近半年で2倍程度に増加。掲載台数の増加と共に、お問い合わせ件数の伸び率も1.6倍と急増している状況です。

そのような中、より多く、はたらくクルマ(商用車)購入のサポートができればと考え、新しいトラッカーズマーケット独自のファイナンスリースを構築しました。独自の3つの段階に分かれた審査基準を設けることで、より多くの企業に活用していただけるような仕組みとなり、他社でリースの審査落ちした企業においても審査基準をクリアできる可能性が高まります。

リースで、はたらくクルマ(商用車)を調達し、金融機関からの借入枠を運転資金などに効率よく活用していただければと考えています。

  • 【 リース支払いシミュレーション機能と、より分かりやすいUI /UX 】

「トラッカーズマーケット」はUI /UXの向上に力を入れており、はたらくクルマ(商用車)に合った高い検索性を日々模索し、実装しています。独自のファイナンスリースの設定に合わせて、月額リース料金の表示をオープン化し、検索結果及び車両詳細ページの各車両に月額のリース料金を併記。リース主体で、はたらくクルマ(商用車)の調達を考えられている企業にも更に使いやすいUI /UXを実現しています。

また、サイト上で支払期間を2〜5年間を設定し、リース支払シミュレーションができる機能を実装。問い合わせをすることなく、支払期間に合わせた月々の支払い金額を確認できます。

今後も使いやすさ、探しやすさにこだわり、企業とはたらくクルマ(商用車)との多くの出会いを創出してゆきます。

  • 【 トラッカーズの提供サービス 】

❶商用車流通DXプラットフォーム、❷運送業務DXプラットフォーム、❸運送HRプラットフォーム、➍運送M&Aプラットフォーム
の4つの事業領域で、5つのサービスを提供しています。

はたらくクルマ(商用車)販売に特化した中古車ECプラットフォーム「トラッカーズマーケット」
はたらくクルマ(商用車)に特化したクラウド買取オークションプラットフォーム「トラッカーズオークション」https://market.trck.jp

運送業務効率化クラウドシステム「トラッカーズマネージャー」
https://market.trck.jp

ドライバー特化の転職・求人サービス「トラッカーズジョブ」
https://job.trck.jp (スマートフォン向けサイト)

■ 会社概要
会社名:株式会社Azoop(アズープ)
所在地:東京都世田谷区上馬2-25-4 フレックス三軒茶屋3F
代表取締役:朴 貴頌
設立:2017年5月15日
コーポレートサイト:https://azoop.co.jp/

Translate »