NEWS

物流ニュース

ZMP/宅配・一人乗り・警備/消毒ロボ システム連携API「ROBO-HI API」 公開によるパートナー募集

物流システム 2023.06.17

宅配・一人乗り・警備/消毒ロボ システム連携API「ROBO-HI® API」 公開によるパートナー募集

式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒)は、この度、当社開発の無人宅配ロボ「DeliRo™(デリロ)」、一人乗りロボ「RakuRo™(ラクロ)」、無人警備・消毒ロボ「PATORO™(パトロ)」のシステム連携API公開によるパートナー募集を開始いたしました。

ZMPではライフロボットとして、宅配ロボ「デリロ」、一人乗りロボ「ラクロ」、警備・消毒ロボ「パトロ」を開発・販売しております。これらのロボットの導入検討をされるお客様より、自社ITシステムと接続し、自社サービスの一貫としてロボットを利用したい、という声を受け、この度他システムと連携するAPIを公開しシステム連携を行うパートナーの募集を開始することといたしました。

システム連携API「ROBO-HI® API(ロボハイ エーピーアイ)」は、ZMPのロボット管理クラウドシステムROBO-HI(ロボハイ)に実装され、ロボットから地図・位置情報、ロボットの各種ステータスなどの情報、パートナー企業ITシステムから予約・注文・配車情報、走行開始・停止指示などの情報、を連携することができます。API公開により、自動走行ロボットによるサービスを自社サービスに組み込む際のシステム開発期間の短縮が可能となります。

ZMPは、ROBO-HI及びシステム連携APIの公開により、ロボットの社会実装を加速してまいります。

【システム連携API  ROBO-HI API】
https://www.zmp.co.jp/ad-tech/robo-hi_api

【パートナー企業の例】
・不動産デベロッパー
・ゼネコン
・ビル管理
・宅配・デリバリー
・スーパー、コンビニ
・ECサービス/ECモール
・物流サービス
・高齢者施設向けサービス
・自治体向けサービス
・シェアリングサービス
・警備サービス
・ロボットメーカー 
など

【システム連携の例】
・エレベータ管理システムと連携し、フロア間の移動を行い各種サービスを提供
・(一人乗りロボ)施設設備予約システムと連携し、会議室や共用設備の予約と同様にロボットを予約・利用
・(無人宅配ロボ)フードデリバリーサービスやショッピングアプリと連携し、有人による宅配サービスとロボットによる宅配サービスを同じシステムで実施
・(無人警備・消毒ロボ)ビル管理システムと連携し、セキュリティドア等の設備や他ロボット等と連動し夜間に警備・消毒作業を実施

【対応するライフロボット】
無人警備・消毒ロボ「パトロ」:https://www.zmp.co.jp/products/lrb/patoro
一人乗りロボ「ラクロ」:https://www.zmp.co.jp/products/lrb/rakuro
無人宅配ロボ「デリロ」:https://www.zmp.co.jp/products/lrb/deliro

Translate »